葉酸サプリでおすすめの選び方!妊活~妊娠中の4つのポイント

葉酸は赤ちゃんの脳やせき髄などの発育をサポートし、先天性異常のリスクを下げる効果があるので、特に妊娠初期に摂取したい成分です。

しかし水と熱に弱い葉酸を食事だけで摂取するのはとても難しいうえに、妊娠中は葉酸の必要量が増える時期なので葉酸不足に陥ってしまうことも…。

そこでおすすめなのが、葉酸をギュッと凝縮したサプリメントです。しかし、多くのメーカーから発売されている葉酸サプリの中から良いものを選ぶのは簡単なことではありません。

葉酸サプリを選ぶポイントとは?母体だけでなく赤ちゃんにも影響してくるので、しっかり抑えておきましょう。

葉酸の量が400μgのもの

葉酸が少しでも含まれていれば、それは葉酸サプリとして販売することができます。重要なのは含有量です。厚生労働省では妊娠3ヶ月までの女性に対し、1日あたり400μgの葉酸を摂取するよう推奨しています。

この量を摂取することで、赤ちゃんの先天性異常や神経管閉鎖障害のリスクを下げられるのです。

また葉酸には「モノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸)」と「ポリグルタミン酸型葉酸(天然葉酸)」の2種類があります。

合成葉酸は人工的に作られたものなので、天然葉酸のほうが体に良いイメージを抱きがちですが、合成葉酸のほうが吸収率に優れているので効率よく摂取することができます。

実際に厚生労働省でも合成葉酸のモノグルタミン型葉酸を推奨しています。

ビタミンが配合されている

ビタミンは葉酸との相性が良いことで有名です。吸収率を高めたり、妊娠中毒症予防やつわりの緩和などの効果も期待できるので、妊娠中には積極的に摂取したい成分の1つに挙げられます。

ビタミンAとビタミンCは妊娠中に低下しがちな免疫力を高める作用、ビタミンDにはカルシウムを骨にする時の栄養素、そしてビタミンB12にはヘモグロビンを合成し貧血予防する作用がそれぞれあります。

またビタミンB群以外にもヘモグロビンに代わり赤血球を作る「鉄分」、骨や歯を生成するのに必要な「カルシウム」、そして発育不全の予防に繋がる「亜鉛」も配合されていると、いろいろなサプリを併用せずに済むので効率的です。

GMP認定を受けている安全性の高いもの

絶対ではありませんが、GMP認定が付いているだけで安心感があります。

そもそもGMPとは厚生労働省が定めている「適正製規範」で、原材料の仕入れから出荷までの全ての工程を徹底した衛生管理のもと行われている商品にのみ与えられる証です。

つまり、品質の安全性の高さは厚生労働省のお墨付き!というわけです。もちろん、GMP認定を受けていない商品の中にも、高レベルの衛生管理下で製造されているものもありますが、それをホームページだけで判断するのは難しいですよね。

妊娠中の大事な体に入れるものだからこそ、安全性の高さは重視したほうがいいでしょう。

葉酸サプリの選び方まとめ

葉酸サプリと言っても種類が多く、どれが良いのか迷ってしまいますよね。葉酸サプリ選びで失敗しないポイントは、5つあります。

  • 葉酸の含有量が400μg
  • モノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸)である
  • ビタミンが含まれている
  • 妊娠中に必要な鉄分、カルシウム、亜鉛も配合されている
  • GMP認定を受けている

5つのポイントはあくまでも最低条件であり、他にも飲みやすさや値段、口コミの評価などを踏まえながら検討することをおすすめします。

葉酸サプリを飲んだ方が書いている、レビューなどもあるので読んでみると良いかも知れません。「ベルタ葉酸サプリの効果口コミがわかる!知っておきたい4つのポイント

ちなみに葉酸は赤ちゃんの成長に影響する成分なので、不妊治療中に摂取したい成分とは異なります。

ただし、不妊治療中は葉酸サプリと不妊対策サプリを併用し、妊娠してからは葉酸サプリのみに切り替えるなど、いろいろと工夫することで葉酸不足を防ぐことができます。